内容証明郵便は売掛金回収のために有効な手段です。郵便局が配達した郵便物の控えを保管するため、売掛金を未払い中の債務者に対し、債権者からお金を回収したい旨を請求書によって伝えたことが記録に残ります。

売掛金回収のために内容証明郵便を送る理由は、債務者に対して支払いを要求する意味だけではありません。まず、相手に対して売掛金回収したい旨を伝えることで、消滅時効を中断させることができます。消滅時効とは、支払いを催促せずに一定期間が過ぎると、債権者は売掛金を回収する権利がなくなるという法律です。支払いを催促しないでいると時効が訪れてしまいますが、内容証明郵便によって債権者が債務者に請求することで時効を中断できます。

内容証明郵便は契約解除や遅延損害金の請求のためにも役立ちます。債務者の債務不履行を証明し、債務の支払いが遅れていることを証明できるからです。

債務者との交渉をスムーズにするうえで、配達証明郵便を同時に活用することも有効な手段です。配達証明郵便を使用すると、債務者に請求書を届けたことが証明できます。内容証明郵便と一緒に使用することで、債務者に請求書が届かなかったと言い逃れさせずに済むのです。確実に売掛金を回収するために併用してみてください。