事業を営むにあたって売上を増やすことは大切です。しかし、取引が拡大しても売掛金が回収できなければ意味がありません。取引先相手が支払いの遅れている債務者になったとき、売掛金回収の方法をご紹介します。

まずは債務者に対する交渉です。未入金の理由を尋ね、支払期限を決めて交渉します。相手の事情によってはすぐに支払われない可能性もありますが、返済できる時期をヒアリングしながら話してみましょう。交渉自体は誰しも行うと思いますが、適切な方法がわかると売掛金回収できるはずです。

交渉するだけでは支払われない場合、内容証明郵便を使って請求書を送付してください。内容証明郵便により、時効による債権消滅を阻止できます。また、契約解除や遅延損害金を請求する役割もある方法です。相手が受け取ったことを記録する配達証明郵便と併用すると、さらに回収できる可能性が高くなります。

債務者への交渉や内容証明郵便など、手を尽くしたのに売掛金回収できないときは法的手続きを検討してください。短期間かつ少ない費用で解決できる支払督促は、弁護士に頼ったり裁判を起こしたりする必要がありません。正式な裁判は不要ですが、強制執行ができるためおすすめな手段です。

売掛金回収ができないとき、経営者は大きな悩みを抱えてしまうものだと思います。当サイトでは、すぐに実践できる売掛金回収の方法をまとめました。債務者からお金が支払わずに困っている人は、ぜひ当サイトの情報を活用してみてください。